楽に走るためのランニング筋トレ≪ワイドスタンススクワット≫

こんにちは。
メディカルトレーニングコーチの馬場です。

昨日は11月に行われる”神流トレイルラン”の申し込みでした。
山道を走るトレイルランの50km。
自然の中を走ることが好きです^^

申し込みは早いもの順なので、「クリック合戦だよ」と言われていたので緊張しながらの申し込みとなりましたが、無事申し込みをすることができました。

整骨院の患者様と4人で行ってきます^^

ランニングに必要な要素として、片足立ちの安定が大事です。
特に不整地を走るトレイルランニングでは、コケルダケデなく滑落などの危険性もあることから重要ですね。

その片足立ちでの安定に欠かせないのが、内ももとお尻の筋肉です。

 

 

今回の【ラントレプラスVOL⓶】
~楽に走るためのランニング筋トレを紹介します~

今回は≪ワイドスタンススクワット≫です。

このエクササイズでは
特に片足立ちで大事な内ももと
走りの推進力の力になるお尻の筋肉を
使えるようにしていくことが、
走るうえでの感覚入力として非常に必要な要素となります。

「意識して走る」ではなく感覚で走ることがリラックスして楽に走る秘訣です。

動画で詳しく説明しています。

こちらからどうぞ!

◇使いたい筋肉
内転筋、大殿筋

◇フォーム
脚を肩幅より大きく開く、つま先は外に向けます。
この時、膝もつま先の方に向けて構えます。
上半身は腰、背中、後頭部が一直線になるように
ポジションを取り動作します。
手は胸の前。

◇ポイント
しっかりと行えるようになることで
横から見た時にカラダが一直線になれるだけの
股関節の柔軟性、骨盤や脊柱の可動性を得ることができます。

動画を確認してみてください。

明日は実家の埼玉県桶川市まで走って帰ります^^
距離は・・・50km(笑)