『脳科学からみたトレーニングの具体的な戦略』

『脳科学からみたトレーニングの具体的な戦略』

中鶴先生の脳科学とトレーニングがぞっこんで5年連続の東京開催。
今回はランニングにおける体作りが見えてきて具体的に自分自身の体で試したくなる、私にとってそんなセミナーとなりました。

「失敗体験をさせないエクササイズの選択」
「無意識に競技に落とし込めるエクササイズの選択」
「具体的なエクササイズ構成の考え方」

がしっかりと見えてきました。昨年とはまた違って理解しやすい内容にブラッシュアップされてました。

そして
今回も青天👍
アダプテーションの鉄板の木登りでは、周りにいた方々に影響が。

子供が木登りを始めたら、ママも登り始める。
kinobori
話を聞いていたパパが、隣にいた奥さんに「おい、聞いたか?サッカーに木登りがいいんだってよ」と僕らがその場からいなくなると木登りを始める。

ワクワク感や楽しさ、その後の体の変化がある。木登りは本能を刺激してかつ効果的だなと感じました。

受講生との距離が近くなるのもアダプテーションの特長。みんなでFB での友達申請(笑)
やはり体の変化だけでなく、人との関わりあいも深く影響しますね。
「いやー楽しかった」
まこちん、おっくんもはじめ参加された皆様お疲れ様でした。新たなご縁に感謝です^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です