【臨床雑記】くしゃみをすると腰に響く、痛みが走る症状について

症例報告 くしゃみをすると腰に響く、痛いという症状について

症例報告 くしゃみをすると腰に響く、痛いという症状について

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
―はじめに―
日々臨床で感じていることや思ったことを書き連ねています。あくまでも私個人が体験し考え精査し実感したことです。予めご了承ください。ただ少しでも参考になりお役に立てれば幸いです。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

ロードバイクに乗られて転倒してしまった際に起きた
くしゃみをすると腰に響くような痛みのある症状についての症例報告です。

ロードバイクに乗っていて右側に転倒。
あまりスピードはだしていなかったということでしたが腰に痛みがあり整形外科受診。

骨には異常がないということで様子を見ることにしたが、くしゃみをすると腰に響く痛みがあり心配になって当院に来院されました。

 

 

◇症状

右腸骨から大腿部にかけて血腫があり、圧痛は著明。
介達痛はないことから骨に対する問題はなし。

動作痛として歩行時や前にかがむことで痛み(写真赤丸のところ)があります。

 

◇『骨盤の静的アライメント』としては、

左寛骨後傾、仙骨右傾斜(写真矢印)

 

◇『骨盤の動作アライメント』としては、

前屈時に左寛骨前傾制限
→開脚での前屈では左右差なし

後屈時にASIS間狭小
→股関節外旋位での後屈で狭小なし

 

 

◇疼痛抑制テストとして、

骨盤の歪みを徒手で左右差なしに整えてくしゃみをしてもらうと痛みはありませんでした。

 

 

◇原因因子

上記のことから骨盤が歪んでいたために左の仙腸関節(赤丸)に痛みが発生していたと推測。

 

 

◇治療

リアライン(緩めて整える)

・左大殿筋めくり
・左股関節外側リリース(大腿筋膜張筋/中殿筋/小殿筋)

ここでは組織間リリースという手法を行います。

これにより、
『骨盤の静的アライメント』として、左寛骨後傾、仙骨右傾斜(写真矢印)がリリースにより解消し左右差ない骨盤となりました。

この時点でくしゃみによる痛みは大きく軽減しました。

 

 

 

スタビライズ(安定させる)

・ヒップリフト(股関節外転外旋位)

これによりくしゃみの痛みは消失しました。

 

 

最後に整った骨盤の維持のために
左のお尻のストレッチとお尻のトレーニングを
継続していくよう指導して終了としました。

 

 

骨盤を整えていくには様々な手法があります。
当院では骨盤を外力で整えることはなく、
骨盤をゆがませてしまう箇所(原因)を精査して、
そこを組織間リリースで
本来ある筋肉の動きを引き出していき整えていきます。

 

それによりより
その後に行っていただくストレッチがより有効になり
状態の維持のお手伝いをしていくれます。

 

 

 

「施術の前後で体の変化が体感できる」
「その体を維持していることが実感できる」

治療家として運動指導者であるMedical training workerとして
対面での取り組み、セルフでできるケア方法の提案などの取り組みといった
目の前の方々の可能性を引き出すお手伝いをしております。

2018年度現在は東京都足立区のメディカルフィットネスサロン「カラダプラス」に所属し、千住スポーツケア整骨院では治療家としてR&Fカラダプラスではパーソナルトレーナーとして活動しております。2019年4月より長野市戸隠にて活動をしていいきます。

メディカルフィットネスサロン「カラダプラス」
〒120-0034 東京都足立区千住3丁目60
http://karada-plus.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

かつてプロボクサーとして、6年間活躍し最高位は日本ライト級6位。 その競技生活において怪我や体の故障を経験し、 どうすれば怪我や故障をしないですむのか、 どうすれば効率的・効果的に体を動かすことができるのか、力を発揮することができるのか考える。 そんな想いから競技生活を終えた後、フィットネスインストラクターに転身後、柔道整復師となり、 接骨院勤務、整形外科勤務を経て、   2007年 『千住大誠接骨院 』 設立   2008年 『R&F Karada+ 』 (カラダプラス/コンディショニング施設)設立 「痛みへの施術」 「トレーニング指導」 「コンディショニング指導」 それぞれの特長を生かした総合的な視点から、必要最適なアプローチを行える体制を確立。 治してもらう・教えてもらうだけのではなく、 まず自分でもやってみようという 簡単で分かりやすい自分でできる”セルフコンディショニング”を一人ひとりに合わせ提案。 そのうえで、専門家としてサポートしていく姿勢をとり、 選手自身とそして選手を応援するトレーナーや家族に、 セルフメコンディショニングにおける考えを伝え、講師としてもサポートするなど幅広く活動している。