肩こりに効果的なツボ 三焦経

こんにちは。

今日も東京の馬場です。

今日は今日までにやっておきたい仕事が早く終わったため、昼近い時間になってしまいましたが、近くの荒川土手を12㎞ほど走りました。

昼近い時間だったので暑かったなー
山ばかり走っているから少しペースを上げるとすぐに息が切れてしまって大変です。
東京で走る時は時間があまりとれないので、ぜーはーペースで走っています。
一気にサクッと走って気分転換をしています^^

趣味も仕事も何事においても一人で没頭してしまう傾向があるので、
実はこの性分を変えていきたいなと思っています。

トレランも仕事も、
ひとりで頑張らずやりたいなと
どうしたらいいのでしょう?

悩んでいます^^

 

さて、今日は肩こりを緩和させるツボを紹介していきます。

以前は東洋医学を治療として取り入れていました。
前回紹介した「陰陽交叉」なんかは、腕が痛ければ脚で解消し、脚の症状は腕のツボで解消してしまうので、人の体って面白いな、探求心がそそられドはまりしていました。

今回は、そんなはまったツボへのアプローチを自分自身で行っていく方法をお伝えしていきます。

 

肩こりに効くツボ

三焦経 天りょう(TE15)

場所

一般的な肩こり部の筋肉の肩甲骨上端部の付け根(肩甲挙筋)をよけて外側にある。
(肩甲骨の上端部で、肩こり筋のコリっとした筋肉を触りながら外側に移動して凝っている筋肉から、押している指が落ちるところ)

このツボのところには僧帽筋、菱形筋、上後鋸筋、胸腸肋筋などが存在しています。

 

解消方法

まず始めに肩の上げ下げをしてみ現在の具合を確かめます。
左右で上げづらいとか詰まる感じがするといった感覚確かめ、つらい方から試してみましょう。

天りょうを見つけたら、指で押しながら首を回します。
突っ張る動きがあったら指で押す力は変えずにその動きを繰り返します。

次に肩を回します。前まわし後ろまわしをして突っ張る動きがあったらその動きを繰り返します。

終わったら、先ほどの方の上げ下げをしてみましょう。

 

三焦経 「関衝」と「陽池」

場所

「関衝」
薬指の爪の付け根の小指側を刺激していきます。

「陽池」
手首をそらしたときのしわの出来るところの中央より小指側の凹んでいるところ。

解消方法

首を横に倒してみましょう。
突っ張っている側のツボを押して刺激を入れながら、
もう一度首を横に倒してみましょう。

「関衝」と「陽池」のどちらか楽に倒せるほうに、「緑色」を塗っていきましょう。

このツボは緑色に反応するので、お試し下さい^^

 

以前似たような動画を作成していますので、こちらも参考にして下さい。

 

またブログでも似たような内容で書いていますのでこちらも参考にしてください。

テレワーク症候群対策その⑦ 気の巡りを良くする

 

今日もご覧下さいましてありがとうございます^^
Have a good life today!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

かつてプロボクサーとして、6年間活躍し最高位は日本ライト級6位。 その競技生活において怪我や体の故障を経験し、 どうすれば怪我や故障をしないですむのか、 どうすれば効率的・効果的に体を動かすことができるのか、力を発揮することができるのか考える。 そんな想いから競技生活を終えた後、フィットネスインストラクターに転身後、柔道整復師となり、 接骨院勤務、整形外科勤務を経て、   2007年 『千住大誠接骨院 』 設立   2008年 『R&F Karada+ 』 (カラダプラス/コンディショニング施設)設立 「痛みへの施術」 「トレーニング指導」 「コンディショニング指導」 それぞれの特長を生かした総合的な視点から、必要最適なアプローチを行える体制を確立。 治してもらう・教えてもらうだけのではなく、 まず自分でもやってみようという 簡単で分かりやすい自分でできる”セルフコンディショニング”を一人ひとりに合わせ提案。 そのうえで、専門家としてサポートしていく姿勢をとり、 選手自身とそして選手を応援するトレーナーや家族に、 セルフメコンディショニングにおける考えを伝え、講師としてもサポートするなど幅広く活動している。