肩甲骨はがしで動くようになった肩甲骨を維持していく方法

こんにちは
ばばです。

 

前回 肩甲骨はがし についてお伝えしました。

 

肩甲骨を背中からはがすことにより、

肩甲骨が持つ本来の動きを取り戻すと肩が軽くなります。

 

でも、 動きやすくなった肩甲骨の状態を維持し続けていくためには、やっておくといいものがあります。

 

それはエクササイズです。

 

今日は肩甲骨はがしで動きやすくなった肩甲骨を維持していく方法をお伝えしていきます。

 

ウィンギング エクササイズ

①肩関節90°ひじ関節90°にして、手のひらを顔に向けます。

②手のひらを外側に向けながら胸を張るように腕を動かします。

③手のひらを外側に向けた状態のままで頭上に手を上げていき手の甲と甲が合わさるようにします。

 

手のひらを外側に向けたまま肘を下げていき

肩関節90° の位置まで来たら、

肩関節90°のまま肘が顔の前に来るようにし手の掌は顔に向けます。

それを繰り返しいきます。

 

ポイント

このエクササイズ は肩甲骨が持つ可動範囲をめいいっぱい動かしていくエクササイズになります。

骨をはがして、緩めて整えた後は

維持していくために、エクササイズにしろストレッチにしろ、

今ある可動域を最大限に維持していくことが大切です。

 

私たちの体は年を重ねるごとに使っている範囲の動きで可動範囲が固まってくるようになってきます。

それが 長期に及べば及ぶほど改善するのにも時間がかかるようになってきます。

スポーツをするにしろ、

日常生活をより快適に過ごすにしろ

デスクワーク、特にノートパソコンを使ったお仕事をされている方は

体 をそれほど大きく動かすことなく過ごすことにより

その姿勢での筋肉の長さが定着してきます。

 

お仕事中に10分ごとに体を動かすというのはなかなかやるのが大変なのは理解できます。

何も集中できないのではないかなと思いますですので

動ける時に動いていくという時間をとること、

これは非常に大切な要素となってきます。

 

今日は以上となります
最後までご覧いただきありがとうございました

 

「施術の前後で体の変化が体感できる」

北千住駅より徒歩3分にある「千住スポーツケア整骨院」 & パーソナルトレーニングスタジオ「R&Fカラダプラス」

☎03-5284-8081(予約をしていただけるとスムーズです)

北千住の方だけではなく

草加、越谷、春日部、三郷、流山、守谷、つくば、松戸、柏、我孫子など

北千住を経由されている方には便利な21時半まで受け付けをしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

かつてプロボクサーとして、6年間活躍し最高位は日本ライト級6位。 その競技生活において怪我や体の故障を経験し、 どうすれば怪我や故障をしないですむのか、 どうすれば効率的・効果的に体を動かすことができるのか、力を発揮することができるのか考える。 そんな想いから競技生活を終えた後、フィットネスインストラクターに転身後、柔道整復師となり、 接骨院勤務、整形外科勤務を経て、   2007年 『千住大誠接骨院 』 設立   2008年 『R&F Karada+ 』 (カラダプラス/コンディショニング施設)設立 「痛みへの施術」 「トレーニング指導」 「コンディショニング指導」 それぞれの特長を生かした総合的な視点から、必要最適なアプローチを行える体制を確立。 治してもらう・教えてもらうだけのではなく、 まず自分でもやってみようという 簡単で分かりやすい自分でできる”セルフコンディショニング”を一人ひとりに合わせ提案。 そのうえで、専門家としてサポートしていく姿勢をとり、 選手自身とそして選手を応援するトレーナーや家族に、 セルフメコンディショニングにおける考えを伝え、講師としてもサポートするなど幅広く活動している。